植毛の効果.com

親から遺伝する薄毛には植毛が一番効果的

薄毛や抜け毛の原因として遺伝が関係すると言われていますが、実際に遺伝によって薄毛になるのは25パーセント程度と言われています。母方の祖父が薄毛の場合は、孫にもその要素が受け継がれることが多く、祖父の薄毛が孫に隔世遺伝しているようにみえます。これは男子が生まれるときには、母親のX染色体と父親のY染色体が揃ってXYとなります。そのため母親のX染色体が息子に引き継がれます。母方の祖父が薄毛である場合には、女性である母親にはAGAの症状がみられることは少なく、その性質を受け継いだ孫が薄毛になると考えられます。AGAの要因である5αリダクターゼの活性の高さは、父親母親に関わらず優性遺伝で受け継がれます。
優性遺伝は優位な遺伝子の性質があらわれることで、どちらかの親が5αリダクターゼの遺伝子を持っていれば、子供にもあらわれるということになります。

薄毛対策にはいくつかの方法があります。今ある自分の髪の毛を太くボリュームアップさせる育毛や、抜けてしまった自分の髪の毛を再び生やすことでボリュームアップさせる発毛、また薄くなった自分の髪の毛に人工毛などを結びつけてボリュームアップさせる増毛などさまざまで、それぞれにメリットデメリットがあります。
増毛は、即効性が高いというメリットがありますが、残った髪の毛に結びつけていくので、毛根に負荷がかかってしまうというデメリットもあります。
また育毛や発毛は、必ず効果があるという保障がないので、注意が必要です。

そんな中、もっとも効果があると考えられているのが、植毛です。
植毛は、後頭部や側頭部の頭髪が残っている部分から、薄毛が進んでいる箇所に毛根ごと移植して定着させる医療技術です。この植毛のメリットは、かつらなどと違って自然な仕上がりになり、施術後のメンテナンスも必要がないのが魅力です。